H26.11.24

おとしよりのことだけで
考えたり悩めたり
できていたときが
どれだけ良かったかと
実はそんなときなんて
一度もなかったのに
そんな不毛なことを
思わざる得ない