H26.12.9

向き合うと
嫌になったり
目をそらさなくては
いけないときは
となりにいて
なんでもいいから
同じものを
眺めるように
なにかを合わせているうちに
たまに目があって
ちょうどよかったり
する